会社の歴史

 

1963〔昭和38〕

●初代 炭竈 光三が(有)日本熱処理工業所設立。

 

1982〔昭和57〕  

●A工場 窒素水素雰囲気、初ハンプタイプ炉(HP炉)導入。

 

1986〔昭和61〕

●A工場 焼戻炉(A1炉)導入。

 

1987〔昭和62〕

●C工場 連続ガス浸炭焼入焼戻炉(X炉)導入。(後にCT2として戻炉のみ利用)

●A工場 焼戻炉(A2炉)導入。

●A工場 表面処理、エプロン式ショットブラスト機(S1)導入。

 

1989〔昭和64/平成元〕

●関連会社 エヌエヌスチール㈱設立。

●同年、炭竈 好司が代表取締役社長に就任。第二工場(現D工場)新設。

 

1990〔平成2〕

●D工場 連続ガス雰囲気焼入焼戻炉(Y炉)導入。

●A工場 エプロン式ショットブラスト機(S2)増設。

 

1992〔平成4〕

●D工場 ユニケース式雰囲気炉(U炉、N路)一連導入。 

 

1998〔平成10〕

●2月16日、初代炭竈 光三(当時会長)逝去。 

●同年5月、炭竈 登が専務取締役に就任。

 

2005〔平成17〕

●4月1日、(有)日本熱処理工業所から『日本熱処理 株式会社』へ社名変更。

●B工場 黒染め事業撤退。

 

2006〔平成18〕

●B工場改めE工場に アルミ合金熱処理設備一連(ST炉、P1炉、P2炉)導入。

●A工場 エプロン式ショットブラスト機(S3)増設。

●ISO9000認証取得。9月28日

 

2009〔平成21〕

●A工場 ハンプタイプN2炉更新⇒HB炉導入。

 

2011〔平成23〕

●C工場 連続ガス浸炭焼入焼戻炉 X炉R炉更新⇒CQ炉導入。

 

2012〔平成24〕

●2度目の更新審査にてISO9001:2008を認証取得。

 

2013〔平成25〕

●日本熱処理㈱設立50周年記念祝賀会開催。

●A工場 焼戻炉A1炉更新⇒AT1炉導入。

 

2014〔平成26〕

●A工場 焼戻炉A2炉更新⇒AT2炉導入。

●11月2日、2代目 炭竈 好司逝去。

●同年11月13日 炭竈 登が代表取締役社長に就任。

 

2015〔平成27〕

●ISO9001:2008、3度目の更新審査認証。

●D工場 真空洗浄機導入。

 

2018〔平成30〕

●E工場 アルミ合金熱処理設備増設(ST2炉・P3炉・P4炉導入)。

●ISO9001:2015を認証取得。

●A工場 真空洗浄機導入。

 

2019〔平成31/令和元〕

●窒素供給設備移設